京都時代劇愛好会

坂口 祐三郎死亡説2(芸能人都市伝説5)

坂口祐三郎さんの死亡説の根底の話です。
坂口祐三郎さん赤影で有名になりましたが、仮面を付けている為
顔出しがほぼなかったので顔を覚えてもらえず。それ以降 地道な活動しかされてませんでした。
ライターしたり、八百屋か魚屋に勤めたり 占いしたりとマルチな活動をされていた様です。

そのうち 芸名を本名の徹とされ坂口 徹として仕事をされていたそうです。

そこへとんでもない事態が起こります。
ある事件の犯人が死刑囚として死刑になりました。
死刑囚の名前は、『坂口 徹』
つまりは、死刑囚の名前と偶然かぶってしまったのです。
[PR]

by tm1963 | 2015-09-29 12:31 | 芸能人 | Comments(0)
<< 迷惑メール(172) 9月29日(2) >>