京都時代劇愛好会

小山田高家の碑と、田辺福麻呂の歌碑

別な階段があったのでそこから降りました。
すると、石碑が2つ
a0305461_13101428.jpg

a0305461_13101494.jpg

案内看板によると
a0305461_13101420.jpg
小山田高家の碑と、田辺福麻呂の歌碑とありますね。
小山田高家は、湊川の戦いに破れ敗走中の新田義貞の窮地を救い、戦死したという小山田太郎高家の「太平記」に描かれている武勇を記念して建てられた高家戦跡の碑とか、
一方の碑は、万葉の歌人 福麻呂が旅の途中で処女塚に立ち寄った時の現況とそれから受けた感動を歌ったものらしいですね。
処女塚には、伝説が有って2人の男に慕われた女が、どちらにも決められずなくなってしまった。
それを知り2人の男達も後を追ってなくなってしまったそうである。
その3人を哀れみ3つの古墳が作られたそうです。
その事を詠み込んでいます。
[PR]

by tm1963 | 2016-04-09 13:10 | 歴史物見学プロジェクト | Comments(0)
<< 灘の道の散歩 処女塚古墳 >>