人気ブログランキング |

京都時代劇愛好会

明治維新開港当時関門跡 の碑

商店街の終点の壁に張り付いてます。
a0305461_22241669.jpg

案内解説付き
a0305461_22241667.jpg

「この碑は、明治維新時の兵庫開港に先立って慶応3年(1867年)に外国人居留地を設けた時、 密貿易を防ぐ目的で置いた14の番所の一つで西国街道(現在元町通)にあった関門跡に 建てられたものです。
ここの関門は西関門と呼ばれ明治4年(1871年)に撤去されるまで東関門とともに居留地を まもる上で最も重要視されていたそうです。
東関門は生田筋と西国街道の交差する地点に置かれていましたがこれも 明治4年に廃止されたとか、
要するにに出入り口をの一つの碑と言う事ですね。

by tm1963 | 2013-12-21 22:24 | 歴史物見学プロジェクト | Comments(0)
<< 兵庫県 里程元標 蠢動(2) >>