京都時代劇愛好会

弁慶鐘と弁慶汁鍋

スタンプは押したので、少し散策して戻ろうかと思ったら。何やら石碑がありました
a0305461_1972157.jpg
弁慶鐘?
刀集めたり、巨石を大事にしたり今度は鐘?何の鐘だろう?

矢印の方へ
すると、御堂がありました
a0305461_1972197.jpg
弁慶鐘と看板が掛かってますね。
中に入ると
a0305461_1972174.jpg
鐘がひとつ
説明を読むと、弁慶の引きずり鐘とあります。
a0305461_1972294.jpg
その昔、三井寺が延暦寺と争った際、比叡山の荒法師・武蔵坊弁慶が三井寺の梵鐘を奪い、一人で比叡山の山上まで引き摺り上げ、撞いてみると「いのー、いのー」と響いたので、「そんなに三井寺へ帰りたいのか」と谷底へ投げ捨てたと伝えられています。この鐘には弁慶が引き摺ったときにできたひび割れや疵跡がいまも残っています、弁慶の怪力ぶりを伝える伝説の鐘として、安置されています。
さてもうひとつ巨大な鍋がありました。
a0305461_1972261.jpg


説明板によると、弁慶の汁鍋とあります
a0305461_198454.jpg
弁慶はじめ多くの僧兵が汁を造って飲んだと伝えられてます。
[PR]

by tm1963 | 2016-08-12 14:15 | 歴史物見学プロジェクト | Comments(0)
<< 三井寺(2) おすすめスポットスタンプラリー >>